クリアネイルで水虫を撃退

 

 

水虫というのは白癬菌と呼ばれるカビの一種が原因となっています。
人の皮膚を覆っている角質や爪などを作っているケラチンというたんぱく質を栄養として生きています。

 

人の身体の表面にあるケラチンのある場所に付着することで感染症を引き起こしてしまいます。
この菌は、その他のカビと同じように高温多湿な環境を好んでいます。
梅雨時期や蒸し暑い時期には注意が必要です。

 

爪の水虫というのは爪白癬と呼ばれているのですが、白癬菌が爪の中に侵入してしまうことによって発症しています。
必ずしも痛みやかゆみがある、というわけではなく、爪が白く濁ってしまったり分厚くなるといった症状が出るようになります。
兆しがある場合には白癬菌が原因となっている可能性があります。

 

湿気の多い場所を好んでいる白癬菌というのは、靴の中でも大量の繁殖します。
カビが繁殖するうえで絶好の環境となっています。

 

また、不衛生な状態というのもカビにとって生きやすい状態であるといえます。
そのため、靴をずっと洗っていなかったり、汚いままで放置していると白癬菌が増殖しやすいですので注意が必要ですよ。

 

水虫は誰もが発症する可能性のあるものですので、クリアネイルでしっかりと、そして手軽に治療をしてみるというのも良いかもしれませんね。